2015年01月13日

左腕のカフスの破れの修理

今回はブルックスブラザーズのワイシャツの襟カフス交換事例です。

今回修理したワイシャツは左腕のカフスに破れが見られました。このように左腕のみカフスが破れてしまい、修理を依頼されるお客様は実は非常に多いです。左腕に時計をすることから、時計でカフスが傷んでしまうため左腕のみ傷ついてしまうようです。

ブルックスブラザーズシャツ修理前

破れたカフスを縫い合わせて修復するのは耐久性や技術的にも難しい作業になります。長くシャツを着用することを考えるとカフスを交換することが一番良い方法でしょう。カフス交換の際、カフスのみ交換するよりも、一緒に襟も交換した方が違和感がない場合が多いです。
今回の修理も、襟とカフス両方を交換しました。襟は修理前と同じワイドカラーに、カフスも修理前と同じ型に直しています。生地は修理前と同じ白のオックスフォードの生地を使いシャツを直しました。そのため修理前の雰囲気を損なわずにワイシャツをリフォームすることができました。

ブルックスブラザーズシャツ修理後ブルックスブラザーズシャツ修理前

ブルックスブラザーズシャツ修理後ブルックスブラザーズシャツ修理前

ブルックスブラザーズシャツ修理後ブルックスブラザーズシャツ修理前

修理前と同じワイドカラーです。
ブルックスブラザーズシャツ修理後
posted by フラウ at 14:40 | Comment(0) | 襟、カフス交換
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。