2015年01月07日

襟、カフス交換で擦り切れ修理

今回はワイドカラーのシャツの襟、カフス交換の事例を紹介します。
修理したシャツは身頃が青と白のストライプで襟が白のクレリックシャツでした。
修理前シャツを見ると長年ご着用されたため、襟には大きな擦り切れがありました。カフスにも少し擦り切れが見られました。長く着用すると、襟とカフスが傷みやすいですが、比較的身頃は丈夫な場合が多くあります。今回の事例でも身頃は丈夫でしたので、襟とカフスを交換すれば、さらに長くご着用できることになります。
修理は襟は、修理前と同じワイドカラーに交換し、カフスはラウンドの大きなカフスに直しました。カフスももともとはストライプでしたが、白のカフスに修理しました。襟もカフスも白のクレリックシャツに直しました。
カフスも白くなったことから修理後のシャツの雰囲気が変化したように感じられます。このようにわずかに色を変えただけでシャツの雰囲気は変わります。新しいシャツを買ったのと変わらないくらいです。


ワイドカラー修理後ワイドカラー修理前

ワイドカラー修理後ワイドカラー修理前

ワイドカラー修理後ワイドカラー修理前

ワイドカラー修理後
posted by フラウ at 11:00 | Comment(0) | 襟、カフス交換
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。